税理士さんは税金のことは何でも分かるのですか?得意不得意はありますか?

税金_税理士_早良区

税理士が税の事はすべて分かる訳でも、税の事を全部把握している訳でもありませんし、現実には、税のある特定部分、専門分野でも知らないことは山ほどあります。

これは、

税理士に限らず、専門家といわれる職業すべてにあてはまります。
医者も弁護士も同様です。
専門家というのは、その分野の知識量がある程度あって、専門的な考え方ができ、分からない事に出くわした時でも、何とかできる可能性を持っている人達といった感じでしょうか。

ただやはり、

同じ専門家でも、そのレベルに違いがあるのは事実で、それを一般の方が識別するのは困難かと思います。

一つの目安は、税理士向けにセミナー講師を行う税理士はほぼ間違いないかと思いますが、一般には料金が高いですし、その先生の事務所に依頼しても、実際にサービスを行うのは担当者で、その先生には会う事すらできないという場合が多いかもしれません。

得意不得意はありますか?と言う質問の回答は、

得意と言えるかどうかわかりませんが、法人関係に特化しており、事務所のお客様もほとんどが法人です。
また不得意分野は、特に不動産評価の絡む相続税関係は、経験が少なく、業務依頼も多くありませんので、不得意といって良いのではないかと思います。

ただし基本的な相続税の知識は、法人のサポートを行う上でも必要ですので持ち合わせていますし、不得意分野で手に負えないと判断した場合、その分野を得意とする提携している税理士をご紹介等しています。

税理士に限らず

専門家という職業の方は、できないことでも出来ると言ってしまうきらいがあります。
実際に滅茶苦茶な例を目にしたことも多々ありますので、なんでも知っている、何でもできる人を探すのではなく、あなたが最も重視する分野で頼りになる人、信頼できる人を探し、その人が不得意とする分野については、その信頼できる人から紹介を受けるほうが賢い選択と言えるのではないかと思います。

また、

何でも知っている人、何でもできる人というのはごく少数ですが、実際に存在します。
ただしそのような人にあなたが巡り会う可能性は決して高いとは言えず、支払う報酬も相当な高額になると思われます。
それでもよければそのような方を探し、そうでなければあなたが目的とする特定の分野に秀でた方を探しお付き合いすべきだと思います 。

このコーナーは、実際に受けた質問を一般的にアレンジしたものの他、想定問答を掲載しています。あくまで参考情報ですので、自己責任での運用、又は当事務所へご相談(電話・メール等不可)の上での運用をお願いいたします。