現在通勤に利用しているマイカーを廃車して、高級外車を社用車として購入したいのですが問題ないでしょうか?その場合プライベート利用は不可なのでしょうか?

社用車

社用車の定義

会社名義で、車庫証明は会社駐車場、運行記録を付けており、業務のみに利用しているのが、世間一般に言われる社用車です(税法には定義はありません)。
通勤に使用する車は、自家用車を使用するのが、世間一般の常識ではないかと思われます。
その他例外はないか見渡してみても、運転手付きの社用車を利用(通勤含め)しているのは知事とか、大企業の役員くらいではないでしょうか?
当然、会社名義、車庫証明は会社駐車場で、運行記録を付けています。

過去の税務調査での経験(必ずしも正しいとは限りません)

自家用車を別途所有している場合は、高級車で運行記録なしでも、疑義を受けたことは無い(ある程度業務利用が前提ですが)。
自家用車なしの経営者で国産セダンクラスの新車リースを全額会社経費にしていたケースも、プライベート利用はかなりあったと思うが、特別疑義を受けなかった。

具体策

下記指示通り実効すれば100%大丈夫という事ではありませんし、指示を逸脱すればアウトという訳でもありません。
ただ、逸脱するほど、疑義がつく可能性が高くなるとお考え頂ければ良いかと思います。

会社名義で、車庫証明も会社駐車場とする。

運行記録は付けるにこしたことはありませんが、面倒だという事であれば、一定のリスクを受け入れるのであれば、省略可。 (少なくとも、付けてないから即ダメという事にならないかと思います。)

上記運行記録なしによる疑義やプライベート利用の対策として、毎月使用料相当額を決め、会社に払うか、もしくは経済的利益を無償で受けたという事で、給与処理をすれば、かなりの部分リスク回避ができる。   詳細は割愛しますが、購入時一定金額拠出はリスクが大きいので、辞めた方が無難。

ちなみに

車庫証明自宅という事であれば、社用車とは呼べないでしょう。
半分自己負担ではなく、半分会社負担と受け取られても仕方がありません。
そういう意味では、自宅兼事務所であれば、車庫証明は会社とも自宅ともとれるので、これまでの経験上疑義を受けたことが少ないような気がします。

さらに

税務調査で否認リスクを下げたいという事であれば、マイカーを業務利用し、その利用料相当額を貰う代わりに、維持費を会社負担とする方法もあります。

この方法は当事務所でもよく提案していますが、これもいくつかの留意点があります。

このコーナーは、実際に受けた質問を一般的にアレンジしたものの他、想定問答を掲載しています。あくまで参考情報ですので、自己責任での運用、又は当事務所へご相談(電話・メール等不可)の上での運用をお願いいたします。