税理士事務所に不満をお持ちの方

税理士金子経営相談
 担当者がころころ代わり、その度に同じ説明をしなければならない。

 パソコンをいじって、ちょっとしゃべって帰るだけで、毎月3~5万円の請求。

 毎月来て何をしているのか?毎月来る必要があるのか?

 所長税理士とのコミュニケーションは、ほとんど取れない。

 経理チェックと税金の申告がメインで、事業経営について相談する関係ではない。

 そもそも会社の事業のことを理解しているのか疑問。

 真剣に会社のことを考えてくれているとは思えない。


担当者任せになっていることが、税理士事務所に対する不満の大方の原因のようです。

 上記のようなご不満をお持ちであれば、経営者として何らかのアクションが必要ではないでしょうか?
  (関係改善を依頼する、料金の再検討を依頼する、他社への乗り換えを検討するなど)

税理士事務所が、毎月訪問するという事は、税理士事務所のフルサービスを受けているという事です。
フルサービスを希望していますか?
フルサービスに見合ったサービスを受けていますか?

また、意外と盲点なのは、税理士事務所側からも好感を持ってもらわないと良いサービスを受けるのは難しいという事です。
(それなりのサービスは受けられます)
税理士事務所側から見た場合でも、長いお付き合いの中での擦れ違い、例えば、お客様意識が高すぎる、言葉使いや態度が悪い、返事を
しない、返事が遅い、約束を守らないなど、不快に感じることは何等か生じます。

その時に、

 完璧な人はいないのだからと我慢する(できる)

 契約を解消する

 お客側から解約を言い出すまで、適当に付き合い報酬を貰ってるのだからと割り切る

のいずれかの対応をする事になりますが、良いサービスを受けるには、①でなければならず、①であるためには、税理士事務所側がお客様に好感を持っていることが条件になると思うのですが如何でしょうか?

当事務所の方針

今のところ、外部(お客様)対応は、すべて税理士対応となっています。
永久に税理士対応をお約束するものではありませんが、現在の方針としてはこの体制を維持する予定です。

社会経験の浅い担当者に任せっきりで、言ってることが本当なのか信じられない、毎回回答が異なるような気がする、いざという時(税務調査、資金に詰まった時など)に頼りにならないといった事が無くなるとは言えませんが、比較的少ないかと思います。

担当がころころ変わる事がありませんし、担当者のせいにするなど、責任の所在を曖昧にしません。
担当を付けた場合でも、代表(税理士)が、必ず一定期間置きに同行することをお約束します。
毎月訪問して欲しいという会社があるのも事実ですが、報酬を貰っているから毎月訪問するようにしているというパターンになっている税理士事務所が多いのも事実です。
出来るだけ安く済ませたいというお客様に対しては、訪問頻度を減らす等して料金を抑える事が出来ますので、ご相談ください。
「料金について」はこちら
電話番、営業、接客、皿洗い、作業、配達、社長秘書など
(あまり役にはたちません)。
商売・事業が立ち行かなくなるには、事前に必ずその兆候が現れます。

それを感じとるのは特別な能力ではなく、ある程度深い付き合いの外部関係者なら大抵感じるものだと思いますが、
それを経営者に伝えようとする人はほとんどいませんし、伝えても納得してもらう事は非常に困難です。

「当事務所はできる」と言った軽はずみな事は言えませんが、顧客との深い信頼関係があれば、それができる可能性は高まります。
お客様から全幅の信頼を受け、経営者の耳に痛い話も率直にできるよう努め、関与先の廃業、倒産、赤字件数0を目指します。


価格に納得がいき、求める最低限のサービス(例えば、担当者を固定してほしい、信頼できる、相談しやすいなど)が
確保されていれば、最も重要なのは相性です。

契約を締結するまでは、相談は無料ですので、相性の確認も含め、ぜひお気軽にお問い合わせください。


home-one-04